<< 腰痛治療の新常識 | main | ICU入院で高齢者の骨量が減少 >>

スポンサーサイト

2016.05.01 Sunday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    |-|-|-|-|by スポンサードリンク

    腰痛治療の新常識

    2015.12.28 Monday
    0

      【腰痛治療の新常識】

      オーストラリアの疫学研究によると、腰痛発症率は30代が最も高く、全体の有病率は60〜65歳まで増加するがその後徐々に減少する。危険因子として低学歴・ストレス・不安・抑うつ・仕事への不満、職場の社会的支援が乏しいなど。http://1.usa.gov/HmNaQO

      腰痛は老化現象という時代遅れの考え方はもう捨てましょう。世界最先端の研究は生物・心理・社会的疼痛症候群として捉えるべきだと強調しています。ですから治療のターゲットを変えなければならないのです。

       

      カイロcomments(0)trackbacks(0)|-|by lea1919

      スポンサーサイト

      2016.05.01 Sunday
      0
        |-|-|-|-|by スポンサードリンク
        コメント









        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
         

        ページの先頭へ